パソコン・スマホで快適に読める!青空文庫ビューアまとめ

青空文庫

青空文庫は、著作権切れとなった、または公開が許可された文学作品を無料で読めるようにしたサイトです。いわば、文学作品に限った電子書籍の図書館。日本の宝とも言える多くの作品が集まった、とても便利なサイトです。

さて、そんな青空文庫ですが横書きで下にスクロールしていく形式で閲覧するため、長文を読むには適していないのです。

このように白の背景に文字がずらりと並んだシンプルな画面になっています。とにかく横書きは読みづらい。

横書き

 

そこで今回は、青空文庫の作品をまるで本をめくっているように読めるようになるビュアーを紹介して行きたいと思います。もちろん全て無料で使えますよ!

スポンサーリンク

おすすめ!青空文庫リーダー・ビューワーまとめ

フリーソフト「OyaziViewer(青空コンシェルジュ)」

OyaziViewerと青空コンシェルジュ

パソコンで作品を読みたい方はこちらの「OyaziViewer」がオススメです。なぜオヤジなのか分かりませんが、とても使いやすいソフトです。もちろん無料。

本物の紙のような背景に、はっきりと読みやすい文字で読むことができます。

ソフトはVectorからダウンロードできます。

 

ダウンロードしたファイルの中身を確認すると「OyaziViewer.exe」と「青空コンシェルジュ.exe」の2つが入っていると思いますが、前者がテキストビューアの本体、後者が作品を選択しダウンロードできるランチャーのような役割をしています。最初に青空コンシェルジュを起動し、読みたい作品を検索します。作品名をクリックすると、OyaziViewerが起動して読める・・というようになっています。OyaziViewerは左クリックでページを捲り、右クリックでページが戻るようになっています。

どちらのソフトも上部のメニューバーからフォントの大きさ等の設定が出来るので、色々試して読みやすい環境を整えてみてください。

ブラウザー拡張機能

パソコンで読みたいけど、いちいちソフトを起動するのが面倒臭いという方はこちらがオススメ。WEBブラウザーの拡張機能として動作するため、青空文庫のページを開くだけで自動的に読みやすいように最適化してくれます。

青空文庫には足を向けて寝られない(GoogleChrome)

青空文庫には足を向けて寝られない

GoogleChromeを使っている方はこちらの拡張機能がオススメです。タイトルもなんかそれっぽいです。

青空文庫の作品ページを開くだけで自動的に縦読み形式に変更してくれます。設定項目は、フォント、フォントサイズ、背景色、余白等があります。ブラウザ上で右クリックをすれば青空文庫へのリンクが表示される点も非常に便利だと思います。デフォルトでは黒背景に白文字に設定されていますが、私は読みにくく感じたので白背景の黒文字に変更しました。薄灰色に黒も目が疲れにくくてオススメです。

導入はこちらから。

縦書き頑張ってみるよ(Firefox)

縦書き頑張ってみるよ

頑張って下さいと言ってあげたくなる名前。Firefoxで使える青空文庫リーダーはこちらのみでした。というか、あくまで文を縦書きにして読みやすくするツールであって、青空文庫のために作られたという訳では無いみたいです。

それでも設定次第でとても読みやすい環境に整えることができます。高さ制限、行間をうまく調整してみてください。PDFファイルを閲覧するときのように、ドラッグで画面を移動できるようになる機能がとても便利だと思いました。

使う時は縦書きモードをオンにしましょう!

 

導入はこちらからどうぞ。

スマホアプリ

スマホだと小さくて読みにくいのでは?と思う方。ご安心下さい、これらのアプリを利用すれば小さな画面でも快適に読み進めることができます。どちらも無料で利用できるので、試しに使ってみてください。

ソラリ(iPhone)

ソラリソラリのリーダー画面

iOSで使える、青空文庫ビュワーです。「日常の中に文学作品を」というキャッチコピーが素晴らしいです。

作品を簡単に検索・ダウンロードできて、見やすい画面で読むことができます。広告はありますが、読んでいる途中は表示されないので非常に良心的。

読むのをを途中でやめても、次回からその場所から再開できるので便利です。

最初に設定で文字の大きさ等を自分好みに変更しましょう。

 

ダウンロードはApp Storeから。

青空文庫ビューア Ad(Android)

青空文庫ビューア Ad 青空文庫ビューア Adのリーダー画面

数少ない、Android対応の青空文庫ビューア。作品のダウンロードとビューア機能の両方を揃えた数少ないアプリの1つです。

作品の検索機能が優れていて、○時間で読める、というような文量で探せるのがとても面白い機能だと思いました。

作品に対する、ユーザーの感想を見れるのも便利。

こちらは無料版なので下部に広告が表示されますが、文の表示画面では表示が消えるのであまり気にならないと思います。広告のない有料版は300円で購入できます。

 

ダウンロードはGoogle Playから。

Kindleアプリ(iPhone,Android)

Amazon KindleアプリKindleアプリのリーダー画面

実は、Amazon Kindleアプリ上でも青空文庫の作品を読むことが出来ます。もちろんAmazonアカウントが必須となります。

Kindleアプリを開き、読みたい文学作品を検索すればヒットします。今すぐ無料で取得をタップすればダウンロードされます。購入したと表示されメールも届きますが、料金は発生しません。

 

こちらのページにAmazonでの青空文庫まとめが載っていますので、参考程度にどうぞ。

スポンサーリンク

さいごに

いかがでしたか。青空文庫ビュアーは、こんなに沢山の種類があるのです。

本屋に行かずとも、お金を払わずとも、数々の名作がこんな素晴らしい環境で読めるなんて、いい時代になったものです。青空文庫には現在14000を超える作品が収録されているようなので、これらのビュアーを駆使して思う存分読み倒しちゃって下さい!

この記事がお役に立てたなら光栄です。それでは、良い小説ライフをお楽しみください。