【ARC Welder】Google Chromeブラウザだけで動作するAndroidエミュレーター

Androidエミュレーター

ARC Welderは、Google Chromeブラウザの拡張機能として機能するAndroidエミュレーターです。嬉しいことに、全ての機能を無料で使うことが出来ます。

Google Chromeさえあればいいので、ソフトをいちいちインストールする必要もなく、手軽に導入できるのが一番のメリットと言えるでしょう。

その反面、一度に1つのアプリしか起動できず、Google PlayがないためアプリのAPKファイルを用意する必要があります。本格的に使うエミュレーターというより、アプリのテスト程度に使う感じだと思って頂くといいかと思います。APKファイルのダウンロード方法はこちらの記事で解説しています。

スポンサーリンク

ARC Welderのインストール方法・使い方

何度も言ってしつこいかもしれませんが、このエミュレーターはGoogle Chromeブラウザがインストールされていないと動作しません。導入手順はGoogleChromeが入っている体で進めるので、まだの人は事前にインストールしておいて下さい。

Chromeウェブストアから導入しよう

Google ChromeでこちらのChromeウェブストアのページにアクセスします。

「Chromeに追加」をクリックし、追加しますか?と聞かれたら「アプリを追加」をクリックします。

Chromeに追加

すると、拡張機能がダウンロード・インストールされます。容量が大きいので、しばらく時間がかかることもあります。

ARC Welderの使い方

インストールが完了するとホーム画面にアイコンが追加されるので、起動・・・する前に、下準備をします。

ARC Welder

パソコン内の適当な場所に分かるような名前でフォルダを作成し、その中に起動したいアプリのAPKファイルを入れます。私はデスクトップに「ARC Welder」という名前のフォルダを作成しました。

 

さて、今度こそ起動してみましょう。

英文がずらりと書かれた画面が表示されます。「Choose」をクリックして、先程作成したフォルダを選択します。

Chooseをクリック

 

次に「Add your APK」をクリックし、APKファイルを選択します。

アプリのApkを選択

 

するとこのような設定画面になります。

設定画面

  • Orientation(回転方向):Landscape(横向き)、Portrait(縦向き)
  • Form Factor(表示サイズ):Tablet(タブレット)、Phone(スマホ)、Maxmiized(全画面)、Fullscreen(フルスクリーン)
  • Resize(リサイズ):Reconfigure(再構成)、Disabled(無効)
  • Clipboard Access(クリップボードのアクセス):Yes(許可)、No(無効)

となっています。設定するのは画面の方向と表示サイズくらいで良いと思います。

「Go  back」はAPK選択画面に戻ります。アプリを起動するには「Test」ボタンです。クリックしてみるとロードが始まり・・・

 

無事にアプリが起動しました!

ゲームの起動画面

容量が大きいアプリや重いアプリなどはロード中にクラッシュしてしまう場合があります。そもそも、ツールの仕様上そういったものは向いていません。その場合は残念ですが他のエミュレーターを試してみましょう。

また、インターネットに接続しないと使用できないアプリもダメなようです。これから改善されることを望みましょう。

スポンサーリンク

さいごに

このエミュレーターは開発者向けに作られたものなので、重いゲームで遊びたい方やスマホと同じような画面で使いたい方には向いていないかもしれません。まだまだ不具合も多く発展途上のエミュレーターですが、導入の手軽さや使い方の容易さはトップレベルなので、軽くアプリを起動させてみたい方は試してみる価値アリです!

もしゲームで遊びたかったりスマホのような画面で使いたいならこちらの記事でAndroidエミュレーターについてまとめているので、宜しければご覧ください!