AI技術で色鮮やかに!モノクロ写真をカラー化する方法

早稲田大学の研究所が開発した白黒写真自動色付けツールを利用すれば、簡単にモノクロ写真をカラーに出来るということをご存知ですか?

AI技術を用いて色付けを行っているようで、その精度は確かなもの。100年前の写真だってとして蘇るのです。

 

無料で利用することが出来ますが、非営利目的の使用に限られている点に関しては注意しましょう。

ツールはWEBサイト上に公開されているため、ワンクリックでカラー化できます。わざわざフリーソフトやアプリをダウンロードする必要はありません。

それでは使い方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

【使い方】白黒写真を鮮やかなカラー写真にしてみよう

Automatic Image Colorization・白黒画像の自動色付け

今回は、1908年に撮影された日本の写真をカラー化してみたいと思います。

サイトにアクセスしたら、カラーにしたいモノクロ写真を「ファイルを選択」で指定し、「色付け!」ボタンをクリックします。すると・・・

 

なんと、自然なカラー写真になったではありませんか!着物や傘、木々の色が鮮やかに蘇っています。これはものすごい技術ですね。余談ですが、幼い頃の私は、昔は色がなかったのだと勘違いしていました。

カラー化された画像を右クリックすればダウンロードすることも可能です。商用に利用することは出来ないので注意してください。

スポンサーリンク

様々な白黒写真をカラー化してみた

まずはこちらの昭和初期に撮影されたであろう家族の写真。私は平成生まれですが、何故かノスタルジーを感じます。

そしてこちらがカラー化した写真。服の色も綺麗に再現され、この日が晴れだったことも分かりました。白黒じゃ分からないことがありますね。


続いてはこちらの1908年に撮影された商店街の写真。書籍販売所や傘屋、服屋らしきものが見られます。中央右には長い棒を持った男性が立っています。

こちらがカラー化した写真です。大河ドラマのワンシーンだと言われても全く違和感を感じさせない出来栄えです。写真の中に入って階段を登っていきたいですね。


最後は誰もが知ってるアインシュタインの写真です。画像サイズも小さく画質も荒いですが、果たしてどうなるのでしょうか。

カラーにした写真がこちら。元の写真が少々荒いせいか、他の写真と比べて鮮やかさには欠けます。しかし、人間らしい肌の色がしっかりと再現されています。

スポンサーリンク

暇つぶしにやってみても面白い

インターネット上で適当な白黒写真をダウンロードして、ぜひカラー化してみてください。特に昔の日本の写真でやってみると、新しい発見や新鮮さがあって面白いです。

また、ご先祖様の白黒写真がある場合は、スキャンしてカラー化してみるのも面白いかもしれません。興味がある方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?