どんなファイルでもダウンロードできる最強アドオン『動画ゲッター』の使い方

ご訪問ありがとうございます。この記事の所要時間は 49です。

動画ゲッターは、閲覧しているサイトにアップロードされている動画や音楽をダウンロードできるようにしてしまう、最強ダウンロードツールだ。

例えば、ブログなどに埋め込まれている動画を保存したり、視聴を限定とした音楽をファイルごとダウンロードしたり、ムフフな動画を保存したり・・といった荒業が可能になる。

埋め込み動画だけではなく、一般的な動画共有サイト(ニ○ニコ動画等)の動画をダウンロードできる。

ライブ配信の動画でない限り、どんなサイトの動画や音楽でもダウンロード出来てしまう。どのソフトを使ってもダウンロードできなかった・・というあなたの最終兵器となって活躍してくれる。

動画ゲッターはWebブラウザーのアドオンだ。ブラウザをベースに動作するため、それ単体では動作しない。しかし、導入方法は至って簡単なので深く考える必要はないだろう。

ちなみに、YouTubeからダウンロードできないという報告があるのでその場合は別のソフトを使用することをオススメする。(2017年10月現在)

動画ゲッターを導入してみよう

動画ゲッターはブラウザーさえ入れれば特別なインストール等が必要ないため、PC初心者でも気軽に使用することができる。

導入方法は2つの手順に分けて説明していこう。

①Google ChromeかFirefoxをインストール

最初から入っているよ!という人は飛ばして欲しい。

動画ゲッターは独立したソフトではなく、「Google Chrome」または「Firefox」というブラウザの拡張機能として使用する。どちらかのブラウザのインストールが必須となるため、最初に導入していこう。

どっちをインストールすればいいの?という方。どちらでも構わないが、個人的にGoogle Chromeの方が使いやすい気がする。

Google Chromeのインストール

Firefoxのインストール

②動画ゲッターをインストール

先程インストールしたブラウザーを開き、動画ゲッターのインストールページにアクセスしよう。すると「拡張機能をインストール」というボタンがあるのでクリック。

動画ゲッターのインストール(公式)

次に、各ブラウザーの操作に移る。

Google Chromeの場合

確認ウインドウが表示されるので、[拡張機能を追加]をクリック。

Firefoxの場合

「このサイトからはFirefoxにソフトウェアを…」というウインドウが表示されるので、[許可する]をクリック。次に、「追加しますか?」と聞かれるので[追加]をクリック。


上の手順を一通り終えてこのようなアイコンがブラウザーに表示されたら、これでインストールは完了だ。

ファイルをダウンロードする

まずは、ダウンロードしたいコンテンツのあるページを開こう。

保存可能なコンテンツが発見されると、アイコンが変化する。

変化後のアイコンにある数字は、ダウンロード可能なファイルの数を表している。

・通常

・DL可

アイコンをクリックすると新しいタブが開き、ファイルの一覧が表示されるはずだ。

あとは、目的のファイルの部分をクリックすればダウンロード開始。

これだけ。思ったより簡単だったのではないだろうか。

複数の動画を同時にダウンロードすると、途中で止まることがある。その場合はダウンロードの際に「多重DL回避のために読込中の動画を停止する」にチェックを入れると改善される可能性があるので、試してみて欲しい。

長くて分割されている動画は、m3u8形式で保存することも可能となっている。

ファイルの見分け方

ご覧のように、一つのページにダウンロード可能なファイルが複数ある場合がある。このような場合は、

  • ファイルの形式
  • ファイルのサイズ(映像サイズ)

の2つから見分けるようにしよう。

例として、上の画像は某動画共有サイトのとある動画だが、最も綺麗な映像をダウンロードするためには、

  1. ファイルの形式がmp4であること
  2. ファイルのサイズが大きい、または映像サイズが大きい

これら2つの条件に合ったものが適切だ。そのため、目的としているファイルは上から4つ目のファイルであることがわかる。

さいごに

このツールは対応サイトが多いというより対応していないサイトの方が少ないというレベルで万能なので、裏を返せばかなり悪用できることになりかねない。

正しい使い方をして違法ダウンロードを行わないようにすればかなり便利なので、導入はしておいて損は無いと思う。


読んで頂きありがとうございました。