Google PlayのアプリをAPKファイルでダウンロードする2つの方法

GooglePlayとApk

Androidスマホでアプリを使用するには、通常はGoogle Playからインストールするだけです。しかし、古いバージョンのアプリを使いたい時や、パソコン用のAndroidエミュレータにアプリをインストールしたい場合はAPK(Android Application Package)という形式のファイルを手に入れる必要があります。

今回は、アプリのAPKをダウンロードする方法を2つ紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

APKファイルがダウンロードできるサイト2つ

APKファイルを手に入れるには、Google Play外のサイトを使用する必要があります。管理人が試してみた時点では全く問題ありませんでしたが、アプリによってはウイルスが含まれている可能性が無きにしもあらずです。十分注意して自己責任で行って下さい。

APK Downloaderを使用する

APK Downloader

APK Downloaderは、Google Playにあるファイルをそのままダウンロードできるようにしてくれるサイトです。ダウンロードされるファイルはGoogle Playで現在配布されているものと全く同じなので、安全性が高いと言えます。

もちろん、ダウンロードできるアプリは無料で配布されている物のみ。有料アプリはダウンロードできないようになっています。

 

使い方は簡単です。まずはGoogle Playでダウンロードしたいアプリの画面を開き、URLをコピーします。

GooglePlayのURLをコピー

APK Downloaderのサイト内にあるボックスにURLを貼り付け、「Generate Download Link」をクリックします。

Generate Download Link

アプリの詳細が読み込まれると、ファイル名や容量等の情報が表示されます。緑色の「Click here to download (ファイル名) now」をクリックすると、ダウンロードされます。

Click here to download

ダウンロードボタンが複数表示されているように見える場合もありますが、それらは広告なので間違って押さないように。緑色の細長いボタンです。

APKダウンロードサイト「Uptodown」を利用する

Uptodown

Uptodownは、Android・Windows・Mac・Linuxといった様々なOSに対応したソフトウェアファイルの配布サイトです。

AndroidのAPKファイルも大量に配布しており、検索すれば大体のアプリが見つかります。APK Downloaderと異なるのは、ファイルがサイトのサーバーにそのまま保存されているという点、古いバージョンのAPKもダウンロードできるという点です。

アプリの詳細ページを開き、「バージョン」と書いてある部分をクリックすると、現在のものから数年前のものまで、全てのバージョンがずらりと表示されます。

古いバージョンもダウンロードできる

サイトにファイルがアップロードされる形ということで、アプリが更新されてすぐに反映されていない事があるかもしれません。その場合はAPK Downloaderを使用しましょう。というか、古いバージョンが欲しい場合に限定して使用するのが良いのかもしれません。

スポンサーリンク

さいごに

APKがダウンロードできるサイトは他にも沢山存在しますが、中には有料のアプリをダウンロードできるようにしているサイトもあります。そういったサイトは利用しないように注意して下さい。非公式な方法でアプリをダウンロードする方法を紹介しているので、少しでも怪しいと思ったものはダウンロードしないほうが賢明です。