違法ダウンロードとは?逮捕される可能性があるコンテンツ一覧

インターネットでは、数え切れないほどのファイルがダウンロードできます。音楽・動画・ゲーム等が安易に入手できるような時代になりました。

しかし、ファイルの種類によってはダウンロードしただけで違法になってしまうものがあることをご存知でしょうか?

 

この記事では違法ダウンロードとは何なのかを説明していこうと思います。

スポンサーリンク

違法ダウンロードとは何か?

違法ダウンロードとは何か?

2012年10月より著作権法が改正され、違法ダウンロードが刑事罰の対象となりました。

著作権法第119条第3項の条文がこちら。

  1. 第30条第1項に定める私的使用の目的をもつて、有償著作物等(録音され、又は録画された著作物又は実演等(著作権又は著作隣接権の目的となつているものに限る。)であつて、有償で公衆に提供され、又は提示されているもの(その提供又は提示が著作権又は著作隣接権を侵害しないものに限る。)をいう。)の著作権又は著作隣接権を侵害する自動公衆送信(国外で行われる自動公衆送信であつて、国内で行われたとしたならば著作権又は著作隣接権の侵害となるべきものを含む。)を受信して行うデジタル方式の録音又は録画を、自らその事実を知りながら行つて著作権又は著作隣接権を侵害した者は、二年以下の懲役若しくは二百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

長いし、難しいので読む気が起きませんよね。ということで、わかりやすくまとめて言い換えた内容がこちら。

インターネット上に違法にアップロードされている、有償の映像または音楽を含むコンテンツを、違法であると知りながらダウンロードをする行為のこと

 

じゃあ、違法にアップロードされているコンテンツなんてどうやって見分けるの?と疑問に思っているあなたは、ひとまずご安心を。

その疑問を持っている時点で「違法であると知っていない」ことになるため、過去に違法ダウンロードを知らずにしていても、法的に問われることはないのです。

しかし、故意に違法ダウンロードをして逮捕された際に「知らなかった」は通用しないと思います。なぜなら、パソコン内のデータや履歴、プロバイダの記録を調べることにより、故意かどうかの見当はおおよそついてしまうからです。世の中そんなに甘くありません。

 

また、例文を見て頂くと分かりますが違法か否かを区別するひとつの目安として「有償」と「無償」があります。例えば、販売されているCDや音楽データ、映画の映像などがこれに当たります。特に日本では某団体が活発に動いているため音楽については特に厳しい傾向にあります。

ケースバイケースですが、「本来は有料のコンテンツを無料でダウンロードする行為」を違法ダウンロードという・・と考えて貰えればわかりやすいかもしれません。

 

逮捕された場合、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、最悪の場合は懲役刑と罰金の両方が課せられてしまいます。こりゃたまったもんじゃないですね。

スポンサーリンク

違法ダウンロードに該当する具体例

ダウンロードすると違法になるもの

ダウンロードすると著作権侵害になってしまうものを紹介していきましょう。

実は結構曖昧で、これはダメでこれはセーフという明確な決まりがありません。よって、条文から読み取って自分が考えるしかないのです。

ここで紹介するものが全てではないんですが、基本的に「ヤバイかもな」と少しでも思ったり、全く分からない場合はダウンロードしないほうが懸命だと思いますよ。

市販の映像ソフト(DVD、Blue-rayなど)

DVDやBlu-rayなど、有償で販売されてい動画のダウンロードは違法になります。ライブDVDなどはインターネット上で多くやりとりされる傾向にあるので注意が必要です。また、DVDなどで販売されている映画の映像をダウンロードして逮捕されたというケースもあります。

また、テレビ番組の映像は普段はお金をかけなくても見ることはできますが、映像ソフト化されてしまった時点で有償で販売されていると捉えることができるため、ダウンロードしたら違法になります。同様にDVD化されていないテレビ番組をダウンロードした場合は刑事罰が課せられない場合が多いです。

有償配信されている動画

映像ソフト化されていなくても、インターネット上でダウンロード販売・配信されている動画は、正規の配信者以外からダウンロードすると違法になることがほとんどです。逆に考えれば、無償で配信されている動画はダウンロードしても違法になりません。

有償で販売されている音楽

市販の音楽CDはもちろん、ダウンロード販売の音楽ファイルを無償でダウンロードする行為は違法です。ファイルが変換されて形式が変わっていても、音質が落とされていても違法になります。

日本の音楽CDを違法アップロードして広告収入を得ている海外サイトが最近多く見られるので気をつけましょう。先程も述べましたが、日本では特に厳しく取り締まれています。逮捕者も出ています。

有償のゲームソフト

ゲームの中には映像と音楽のようなコンテンツを含むため、有償ゲームのダウンロードは違法になります。海外ではゲームの海賊版(割れ)が多く出回っていて、問題になっています。一時期マジコンというツールが流行りましたが、ゲームデータをこれに読み込んで遊ぶのも同様に違法ということですね(自分でゲームデータを吸い出した場合を除く)。

スポンサーリンク

ダウンロードしても違法にならないもの

ダウンロードしても違法にならないもの

違法ダウンロードになりそうでならないものを一部紹介しましょう。

犯罪ではないからといって、「じゃあダウンロードしていいんだ」と思わないでくださいね。あとは貴方のモラル次第です。

漫画や本(画像ファイル)

違法ダウンロードに当たるのは音楽や動画だけなので、画像は合法という形になります。同様にPDFファイルも違法ダウンロードには含まれません。また、非合法的にブラウザで漫画が読めてしまうサイト(漫画村など)については、そもそもブラウザ上でダウンロードせずに閲覧しているだけなので違法にはなりません。最悪なサイトですけどね。

公式な動画やライブ配信(YouTube等)

動画共有サイトにおける公式に公開されている動画やライブ配信は合法的なアップロードになるため、ダウンロードも違法にはなりません。例えYouTubeでも非公式でアップロードされている動画はダウンロードすると違法になる可能性があります。この辺の見極めは十分に気をつけて下さい。

無償で配信されている音楽

音楽の違法ダウンロードが厳しく取り締まれているといっても、それは有償の場合のみ。中には無料配信しているアーティストもいるので、そういった場合の音楽ファイルは問題ありません。

 

スポンサーリンク

動画や音楽の視聴(ストリーミング再生)はどうなの?

視聴は違法か?

YouTubeやニコニコ動画等の動画共有サイトに違法アップロードされた動画や音楽を、ブラウザを用いて視聴するのも違法なのか?そう疑問に思う方もいるでしょう。

この場合の視聴自体は違法ではありません。(違法でないからというのを理由に進んで行うのは良くないですが・・)

こういう視聴をストリーミング再生というのですが、ファイルをそのままダウンロードしないような仕組みになっているので、違法にはならないということなのです。

例外として、視聴の際にパソコン内に作られたキャッシュファイルを意図的に保存すると違法になります。何を言っているかさっぱり分からない方は基本的に大丈夫です。ご安心を。

スポンサーリンク

違法ダウンロードはバレるのか?逮捕者は出たの?

違法ダウンロードで逮捕されるの?

違法ダウンロードをしている人が沢山いるということは紛れもない事実です。恐らく、数え切れないほどいるでしょう。

しかし、違法ダウンロードによる逮捕者が出たというケースは殆どありません。逮捕者が出てニュースで報道されているのは違法にアップロードした場合が多いです。バレるバレないの問題ではなく、逮捕される確立は非常に低いのが現状です。

なぜなら著作権法は親告罪だから。コンテンツの権利者が訴えない限り、罪に問われることはないということなのです。数えきれない程行われている違法ダウンロードを一つ一つ訴えていくというわけにはいかず、放置に近い状態になっている、というのが現状なのです。

スポンサーリンク

結局違法アップロードが一番悪い

違法アップロードはやめよう

これは個人的な考え方なんですが、違法ダウンロードが成立するのは違法アップロードがあるからだと思うんですよね。

法的な見解も違います。ダウンロードはファイルの種類によっては違法にならないものもありますが、アップロードはファイルの種類に関わらず著作物をアップロードしただけで違法になってしまいます。どっちが重いかは一目瞭然でしょう。

 

罰則だって大きな差があるんです。10年以下の懲役または1000万円以下の罰金、これは数字だけで考えると違法ダウンロードの5倍の罪の重さです。逮捕者だってどんどん出ているのが現状。

違法アップロードがある限り、違法ダウンロードはなくならないんです。今私達ができることは、違法ダウンロードについて理解を少しでも深めることだと思います。