J-POPのアルバムが無料でダウンロードできる海外サイト

J-POPのアルバム

MP3等の音楽ファイルの違法ダウンロード・アップロードは、日本国内では厳しく取り締まれています。逮捕者が出ているという事も有名な話です。

…しかし、海外には日本の音楽を無料で配布しているサイトがあるということをご存知ですか?

もちろん正式なサービスではありません。CDショップで販売されているアルバムの内容を丸ごとアップロードしているという非常にブラックなもの。

このようなサイトは高音質の音楽ファイルが簡単に手に入ってしまうため、違法と理解していながらもダウンロードしてしまう人は少なくないのです。

J-POPがダウンロードできるサイトだけではなく、アニソンのアルバムがダウンロードできるサイトも多く存在します。

今回はそんなヤバイ現状を調査すべく、無法でJ-POPのMP3とアルバムがダウンロードできるサイトに潜り込んでみました。今回まとめたサイトには著作物が大量にアップロードされているので、ダウンロードしないよう注意してください。

違法行為を助長する気は無いので、サイトのリンクを貼るのは避けています。

スポンサーリンク

無料でJ-POPがダウンロードできるサイト

Jenie.co

Jenie.co

月間アクセス数が270万を超える、比較的大規模なサイト。音楽だけでなく、ライブ映像やMVもダウンロードできるようです。

高音質のMP3があるのは勿論、もっと高音質なFLAC形式でも配布しているという点が驚きでしたね。最新のJPOPもたくさんありますが、リリースが1980年代という古いアルバムまでアップロードされていたのがまたビックリ。

また、上部の検索バーから「グループ」「ガールズバンド」「ソロ」といった特徴から検索することができます。このような機能を持っているのはこのサイトだけ。

インターフェイスは全て英語ですが、どっからどう見ても明らかに日本人向けに作られています。サイトの説明には「著作権侵害を推奨していない」と書いてあるが、どう考えてもアウトでしょう。

アルバムのジャケット画像の下にいくつかのリンクとファイルの詳細が記載されていました。ここからファイルをダウンロードするようですね。

ダウンロードリンクは3つあった

Jpop Singles

Jpop Singles

ホーム画面は画像が無いため殺風景です。でも曲数はかなりのもの。J-POPだけでなくK-POPもちらほら見られました。また、アルバムだけでなくシングルもダウンロードできるようです。

ダウンロードしたファイルはrar形式で圧縮されていて、どうやらそれを解凍するにはパスワードが必要なみたいです。しかし、そのパスワードはサイト内に書いてありました。

ご親切なことに、ダウンロード方法を解説している記事がサイト内に存在しています。使い方をわざわざ教えるとは、パソコンが苦手な人も視野に入れているのでしょうか。

K2N BLOG

K2N Blog

こちらのサイトは、J-POPだけでなくK-POP、C-POPを扱っている模様。個人経営のブログっぽいですが、比較的コンテンツが多いです。ミュージックビデオ、ライブ映像も多く確認しました。

ざっと見た感じ、「韓国のアイドルグループ」に関する音楽が中心になっているようですね。J-POPよりK-POPの日本語版が多いという感じでしょうか。

上にあるメニューバーから音楽を探すことが出来ますが、中には悪質な広告へのリンクも混じっていました。こういうサイトには付き物ですね。

ダウンロードは60秒待たないとロックが掛かっていて出来ないようです。ダウンロードの際に必要なパスワードも赤字で表示されています。

ダウンロードは60秒待つ必要がある

MQS Albums Download

MQS Albums Download

他のサイトはMP3を中心に配布をしていますが、このサイトが配布しているのはハイレゾ音源や、ブルーレイオーディオ、SACDなど。明らかに音質にこだわっているのがわかります。

数もなかなか多く、J-POPのアルバムだけでその数1000枚以上。高音質でコンテンツも充実という、もうとんでもないサイトです。また、J-POPに限らずK-POPもありました。

しかもベストアルバムの割合が非常に高いので、単純な曲数で考えたら上位に入るでしょう。

データの容量が多いファイルの場合は分割してダウンロードする必要があるみたいです。ベストアルバムの場合は尚更。

サイズの大きいファイルは分割ダウンロード

lossless.site

lossless.site

このサイトも音質にこだわっているサイトで、ロスレス(可逆圧縮音源)を中心に配布しています。上のサイト(MQS Albums Download)からリンクが貼ってあるので、恐らくこの2つは姉妹サイトかなと推測します。

取り扱うアーティストは限られており、他のサイトと比べて充実しているとは言えません。しかも曲の層が結構バラバラ。管理人の好みがイマイチ分からないです。

スポンサーリンク

閉鎖したサイト

この手のサイトは寿命が短い傾向にあります。昨日まで現役だったサイトが急に無くなってしまう・・なんてこともしばしば。

下に紹介されているサイトはすでに閉鎖してしまったものたち。人によっては残念に思うかもしれませんが、もうダウンロードできません

アイチューン!

アイチューン!

J-POP、アニソン、演歌など、日本の曲を専門としているサイトでした。更新頻度はかなり多く、新曲はすぐにアップロードされていました。とにかく規模が尋常ではなく、私達が知っている曲の多くが揃っていたのを覚えています。

2016年10月当時は月間アクセス数が驚くことに375万でした。他のサイトと比べて圧倒的に多かったのがわかります。

このように、詳細画面ではアルバムの内容やリリース日その他細かい情報まで表示されていました。複数表示されているアップローダーから選んでダウンロードする仕組でした。

アルバムの詳細が表示されている

AllJpop

AllJpop

こちらもJPOPを中心に揃えているシンプルなサイトでした。他にサイトに比べてダウンロード方法が簡単なのが特徴的でしたね。また、かなりマイナーな曲もアップロードされていたため超人気サイトになっていました。閉鎖の時は一時期騒がれましたね。

検索ボックスから曲を探し、[PLAY]ボタンを押すと視聴できるという機能がありました。

ダウンロードは[UC | EU | MC]の3つのアップローダーから選んで行う仕組みになっていました。ダウンロードリンクを複数に分けるのは、恐らくリスク分散でしょう。

3つのダウンロードリンクから選択

J-POP4u

J-POP4u

こちらもJ-POPやアニソンがアルバムごとダウンロードできたサイト。「j-pop for you」という意味を込めているのだろうか、サイト名だけは洒落ています。

更新頻度はあまり高くありませんでしたが、ダウンロードの前に視聴できるという点では機能性に長けているように思えます。ちなみに、アメリカのカリフォルニア州にサーバーを置いていたようです。

アルバム画像をクリックすると、詳細画面に移ります。

左の『ダウンロードソースを検索』という所を押すと、ダウンロードリンクに繋がるようです。

視聴もできる

その下にはアルバムに入っている曲が一覧になっており、『試聴する』をクリックすると曲のサビを聞くことが可能となっていました。真ん中にはアルバムに関しての情報、右側にはアーティストの別のアルバムが一覧で表示されています。

ちなみに、音楽のPVや、雑誌などもアップロードされていたようです。ジャンルの幅が広いですね。

youshikibis’ Blog

youshikibis’ Blog

こちらは個人運営のブログでした。日本の音楽を中心に揃えていましたが、アニメやライブ映像等も少しだけ扱っている感じでした。どうやって仕入れていたのか、まだリリースされていない新曲もアップロードされていて驚いたのを覚えています。

題名をクリックし、下の方にあるボックスにメアドを入力するとダウンロードリンクが届くようになっていました。メアドからダウンロードリンクを取得するのは珍しいケースですね。

スポンサーリンク

無料J-POPダウンロードサイトの実態

正直考察も何も無いんですが、これらの沢山のサイトを見てきてわかったことが2つあります。

一つ目は、殆どのサイトの利用者は日本人が大半を占めているということ。

当たり前のように思えるかもしれませんが、これらのサイトのサーバーは全て外国にあるのに加えて言語は英語のものがほとんど。明らかに日本人には利用しにくい環境のはずなのに、多くの日本人が利用しています。そこまでして音楽ファイルが欲しいのでしょうか・・。

J-POP好きの外人が運営しているのか。

海外在住の日本人が運営しているのか。

日本在住の誰かが海外のサーバーにアップロードしているのか。

真相はわかりませんが、いずれも法律に背いた行為であることは変わりありません。

二つ目は、どのサイトもダイレクトアクセスが多いこと。

これは検索してたまたま見つけた人よりリピーターが多いという事を意味します。

一度ダウンロードしてしまうと慣れてしまうのか、もっと音楽ファイルが欲しいという気持ちからリピートしてしまうのでしょう。

スポンサーリンク

さいごに

これらのサイトからダウンロードするのにお金はかかりませんが、それなりのリスクは伴います。悪意のあるリンクを踏んでコンピュータウイルスに感染したり、著作権侵害で訴えられたり・・

実際、最近はアンチウイルスソフトの性能も良いし、著作権侵害で訴えられる確立も非常に低いです。しかし、何かあってからでは遅いのです。もしこの記事を読んで魔が差してしまいそうになった方、もう一度考え直してみてはいかがでしょうか。

とにかく、違法ダウンロードだけは絶対にしないでください。タダほど高いものはありませんよ。