Aさんのインターネット情報局

あなたのインターネットライフをもっと楽しくする様々なテクニックを紹介するブログ。

無法サイト調査記

【最新】漫画村の情報まとめ!閉鎖問題、代わりのサイト、違法性など..

投稿日:

現在話題になっている違法漫画サイト「漫画村」の騒動について、インターネット上に転がっている情報をまとめてみました。

この記事は漫画村の利用と違法行為を助長しているものではありませんのでご注意を。


表でおさらいする漫画村の歴史

2016年1月18日 漫画村のドメインが取得され、最初の漫画がアップされる
2017年1月頃 ネット上で漫画村の名前が見られるようになる
2017年5月3日 フリーブックスが閉鎖
2017年8月2日 漫画村の運営を調査した記事が投稿される
2018年3月5日 月額制サービス「漫画村プロ」のリリースが発表
2018年4月10日 mangamura.orgがアクセス不能状態になる
2018年4月11日 Google検索から漫画村が除外される
2018年4月12日 新サイト「漫画タウン」の開設という情報が出回る
2018年4月13日 政府がプロバイダーに対して漫画村へのアクセス遮断を推奨

「漫画村」が「漫画タウン」として進化を遂げた!?

漫画タウン公式Twitterより

村から街に進化したようです。次は国にでもなるのでしょうか。

漫画タウンの運営が漫画村のものと同一であるという証拠は今の所ありません。

・・・というか、「復活」という言葉を使っていますが、このドメインの過去について調べてると2017年9月頃には既に存在していて、漫画読み放題サイトとして機能していました。別に最近作られたサイトではないということが分かります。既存サイトが漫画村騒動に媚を売っているだけのように見えますが、実際はどうなんでしょうかね。


漫画村の代わりになるサイト

ぶっちゃけた話、漫画村のような無料で漫画が読み放題なサイトは結構あります。特に海外。

無料で漫画が読めるオアシスを探し求めている人もいるかと思いますが、素直に本で買ったほうが良いです。海外サイトにはウイルスや悪質な広告など、危険が沢山含まれている可能性があります。漫画の画像をタップした瞬間に見覚えのない請求が表示されたり・・なんてこともあります。

ちょっと前に海外の漫画読み放題サイトについて調査している記事を書きましたので、実態を知りたい人は見て下さい。

漫画村だけじゃない!無料で漫画が全巻読み放題なサイト5つまとめ

遂に漫画村閉鎖か!?

遂に漫画村が4月10日にアクセス不能状態になりました。mangamura.orgにアクセスすると

現在漫画村はメンテナンス/もしくは負荷が高い状態です。
現在担当者が直している途中なので時間を開けて再度アクセスください。

と表示されます。4月13日14時現在も同じような状況が続いているので、メンテナンスとしては長過ぎる気がします。ニュースでも取り上げられ、騒動も大きくなってきたので管理人が逃げ出したのでしょうか。

この画面にはIPアドレスなどの個人情報が記載されているので絶対にSNS等にアップロードしないようにして下さい。

漫画村のウイルスと危険性

漫画村にはウイルスが含まれているという報告は今の所ありません。

しかし、悪質な広告が表示される可能性があるということなので、いくつかケースを紹介していきましょう。

ケース①

新しいウインドウが開かれて、「あなたのスマートフォンはウイルスに完成した可能性があります。今すぐこのアプリをインストールしてウイルスを削除してください」というようなメッセージが表示されます。別にウイルスにも感染していませんし、インストールの必要も無いのでページを閉じてしまいましょう。

ケース②

同様に新しいウインドウで「あなたのブラウザーは古くなっている可能性があります!今すぐアップデートして快適なブラウジングを...」というようなメッセージが表示されますが、バージョンアップではなく全く別のブラウザのインストールを促されます。こちらも無視して閉じてしまいましょう。

 

また、Coinhiveというスクリプトが埋め込まれていた時期があります。(2018年2月以降は削除されたようです)

Coinhiveは、閲覧者のマシンのCPUを使い、ビットコインを発掘するというもの。あなたが漫画を読んでいる間、勝手にCPUをフル回転にさせて小銭稼ぎをしていたということです。消費電力やバッテリー消費に大きな影響を与えるため、人によっては「マルウェアのようなものじゃん」という声もあるということで、一般的に良くない見解をされています。

漫画村の違法性について

モラルとか漫画家の利益が・・とかいうのは一旦置いといて、漫画村を利用したら違法になるのかについて見ていきましょう。

結論から言うと、漫画村を利用しても違法にはなりません。

 

著作権法第119条第3項の条文を見てみると、

  1. 第30条第1項に定める私的使用の目的をもつて、有償著作物等(録音され、又は録画された著作物又は実演等(著作権又は著作隣接権の目的となつているものに限る。)であつて、有償で公衆に提供され、又は提示されているもの(その提供又は提示が著作権又は著作隣接権を侵害しないものに限る。)をいう。)の著作権又は著作隣接権を侵害する自動公衆送信(国外で行われる自動公衆送信であつて、国内で行われたとしたならば著作権又は著作隣接権の侵害となるべきものを含む。)を受信して行うデジタル方式の録音又は録画を、自らその事実を知りながら行つて著作権又は著作隣接権を侵害した者は、二年以下の懲役若しくは二百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

とあります。つまり、「インターネット上に違法にアップロードされている、有償の映像または音楽を含むコンテンツを、違法であると知りながらダウンロードをする行為のこと」が罪に問われると言っているのです。

漫画は「映像または音楽を含むコンテンツ」に該当しませんし、そもそもダウンロードしていません。よって、漫画村を利用したから逮捕される・・なんてことは無いと言えるのです。

 

だからといって使っていいと言っている訳ではないです。日本の漫画界を大きく衰退させる1つの要因となるわけですから、今すぐにでも閉鎖したほうが良いサイトだと思っています。

違法ダウンロードについて、詳しくはこちらの記事を御覧ください。

-無法サイト調査記

Copyright© Aさんのインターネット情報局 , 2018 All Rights Reserved.