Anitube、MioMio以外にも!?無料でアニメ動画が視聴できる海外サイトまとめ

無料アニメ動画視聴サイト

突然ですが、アニメ動画が無料で見れてしまう海外サイトが存在する事をご存知ですか?

視聴するだけなので事実上違法にならないのは事実(2018年5月現在)ですが、お世辞にも良いサイトとは言えません。制作する側からしたら大損害です。

 

「無料アニメ視聴サイト」と一括りにしても、その中でもいろいろな種類があります。さらには有名で安全なサイトや危険なサイトなど様々。

今回は無料アニメ視聴サイトの実態や、どのように利用されているかなどの情報を書いていこうと思います。

一応断っておきますが、これらのサイトをオススメするような記事ではないのでご理解下さい。よって、直接リンクは貼らないのであしからず。

スポンサーリンク

無料アニメ視聴サイトとは?

私が思うに、無料でアニメが見れるサイトは大きく分けて3つに分けることができます。

 

アニメ視聴サイト

まず1つは、一般的なアニメ視聴サイト。サイト自体がアニメ視聴のために作られているのが特徴で、動画は運営チームがアップロードしていたり、ユーザーが有志でアップロードしていたりと様々なケースがあります。殆どが海外サイトです。

 

動画共有サイト

2つ目は、一般的な動画共有サイトにアニメがアップロードされている場合。YouTubeやFC2動画などにユーザーがアニメ動画を上げたものを視聴するといったような感じです。サイトによってはすぐに消されてしまうことも多く、動画の寿命は不安定です。しかし、サイト自体は有名なものなのでウイルスなどの危険性はほぼありません。

 

アニメ動画まとめサイト

3つ目は、上の2つのようなサイトのリンクを紹介しているサイト。様々な動画サイトのアニメのリンクを記事に載せて、見やすくまとめたブログみたいなものです。ほとんどは日本人が運営していて、これを利用して動画を探す人も少なくありません。

 

これらの区別を理解した上で、サイトの紹介に移っていきましょう。

スポンサーリンク

アニメが無料で観れる激ヤバ海外サイト

先程述べたような「一般視聴サイト」「動画共有視聴サイト」「リンク紹介サイト」の3つにわけて、詳しくサイトを紹介していこうと思います。ここで紹介するサイトは管理人によって全て巡回済みですが、ものによっては悪質な広告が出てしまったりするので注意しましょう。

一般的な視聴サイト

AniTube(閉鎖)

AniTube

日本で最も有名だと思われるのはこれだと思います。月間3000万アクセスを超える訪問者がいる超巨大サイト。アメリカのサイトですが、利用者の99%は日本人。海外サイトなのにほぼ日本人が使っていると考えると恐ろしいですね・・

アニメ右上の検索ボックスから探せます(ローマ字でないとヒットしない)。動画にはポルトガル語の字幕が標準でついています。如何わしい広告が多く表示されるのが非常に目障りです。

YouTubeと同様、動画が始まる前に広告が表示される事があります。似たようなシステムで広告収入を得ているのかもしれませんね。

 

2018年4月、Anitubeは閉鎖しました。漫画村騒動の件もあり、違法サイトが次々と閉鎖されています。

Kiss Anime

Kiss Anime

日本人はあまり利用していませんが、世界的に見たら規模はトップクラスです。なんと月に一億以上のアクセスがあります。

それもそのはず、様々な言語のアニメが揃っているため、海外の人にとっては最高の環境です。

アニメを選択し、エピソードを選択すると人間かどうかを確かめる画面が表示されます。英語で「怠けている猫とゴルフをしている少年を選択しろ」と書いてあるので、この場合は左から2つ目と一番右ですね。こんな面白い認証方法は初めて見ました。

Kiss Animeの認証

B9GOODアニメ

B9GOODアニメ

月間500万アクセス以上の訪問者がある大手サイトで、利用者の98%は日本人。元々は「B9DM」という名前で運営していたサイトのようで、2017年6月あたりにリニューアルオープンしたようです。

上部メニューバーから日本語でアニメを検索できたり一覧を見れたりと、使い勝手は良いように感じました。放送中のアニメ、完結したアニメなど、様々なシチュエーションから探すことができるようです。

品質が高画質なのが特徴で、字幕も付いていないため、日本人からしたら最高の環境でしょうね。

ANIMEGG

ANIMEGG

月間アクセスは100万以上となかなかの人気度で、海外からの利用者が多いサイトです。アメリカ35%、カナダ・タイ7%、日本5%…といったように、世界中の様々な国から利用されているようですね。

サイト全体が英語で、動画自体にも英語字幕がついています。会員だけが動画にコメントをつけることができるようで、利用者同士でコミュニケーションをとっていることも。英語ができないと扱うのが難しいため、日本人の利用率が少ないのでしょうか。

MIOMIOアニメ(閉鎖)

MIOMIOアニメ

中国のサイトですが、利用者の80%が日本人で次いでアメリカ7%というようになっています。サイト自体は日本語で利用できるため、比較的使いやすいのかもしれません。しかし、時には悪質な広告が表示されるため、ストレスを感じる人もいるでしょう。

上のメニューからOVAや劇場版を視聴できるのが特徴で、これを目的に訪問する人が多いかもしれません。たまに動画が消されることがあるようで、寿命は不安定なように思えます。

 

2018年4月、遂に閉鎖しました。今後はテレビ番組やアニメについての情報のみを取り扱うサイトとして継続していくそうです。

GOGO ANIME

GOGO ANIME

日本からのアクセスは殆ど無く、2017年夏くらいに運営が始まった新しいサイトのようです。他のサイトと違って子供向けアニメが多く見られました。女の子が変身して戦うあのシリーズなど、日曜の朝にやっているものが沢山ありました。

このサイトが人気な理由はアニメ再生画面の近くにダウンロードボタンが備わっていることでしょう。WEB上で視聴するだけでなく気に入ったものは保存する・・なんて使い方ができてしまいます。

AnimeShow.tv

AnimeShow.tv

日本人の利用率は低めです。サイト全体が大量のサムネイルで飾られており、ひと目で人気アニメを確認することができます。人気アニメをランダムに表示しておすすめしてくる機能もついています。

再生画面に広告が多く、視聴するのに一手間かかります。しかしダウンロード機能がついているため、人気が続いているみたいですね。

動画共有サイト

YouTube

YouTube

誰もが知っている世界最大の動画共有サイト。ところが、外国人が日本のアニメをアップロードしているという現実を知っている人はそう多くないでしょう。

「アニメ名(ローマ字)  episode1」のように検索すれば、字幕付きの動画が出て来ることがあるのです。

もちろん違反を報告されたら運営も動画削除に動き出します。安全なサイト故、こういった違法アップロードの動画には厳しいです。

FC2 ひまわり動画

FC2 ひまわり動画

2011年から開設された、FC2が運営する動画共有サービスです。アップロードされているものはアニメが多くを占めていて、それ目的で訪問する人も少なくありません。

ニコニコ動画のようにコメントが流れていく仕様になっており、みんなで一緒に見ている感じで視聴できるので、非常に人気なサイトとなっています。

FC2は完全に日本人向けになっているが運営会社やサーバーは海外にあります。そのため、訴えにくく動画が消されにくいという現状になっています。

リンク紹介サイト

アニポ | 無料アニメ動画まとめ

アニポ | 無料アニメ動画まとめ

アニメが観れるサイトのリンクを見やすくまとめています。1話につき10個以上のリンクを紹介しているため、何個かの動画が削除されても視聴できるようになっています。

スマートフォンからでも見れるように対応しているようですが、リンク先の動画サイトがスマホ対応なのかは知りません。

アニメ動画YouTube無料まとめ【アニ動】

アニメ動画YouTube無料まとめ

カラフルなデザインで、放送曜日ごとに一覧でまとめているのが特徴です。50音順でアニメを探せるようにしているのもユーザビリティの良さを感じます。

アニメの概要やキャストも紹介しているのはマニアにとっては非常に嬉しい機能かもしれません。アニメ人気ランキングもあるので、今流行っているアニメを知ることができます。

スポンサーリンク

全体を通しての感想

今更ですが、私はアニメを全く見ません。だからこそ「このジャンルのアニメに強い!」「深夜アニメが多い!」「このアニメが無い!」のような判断はできないのですが、複数のサイトを駆使すれば見つからないアニメは無いと思います

アニメ一覧のページを開いても一番下までスクロールするのに凄い時間がかかったし、どのサイトも毎日更新しています。コンテンツの数は私達の想像以上でしょう。

 

悪い意味で凄いサイトというのは十分に分かったのですが、複数のサイトで「あなたのPCはウイルスに感染しました!」と脅してくる広告が何回も出てきました。絶対に安全だと言いきれないので、わざわざリスクを犯してまでアクセスするようなものだとは思えません。アンチウイルスソフトが入っていないパソコンだとちょっとヤバイかもしれませんよ。

最近では月額1000円しないくらいの見放題サービスが存在します。大した額ではないと思うので、ケチケチしないで正式なサービスを利用したほうが吉かな、というのが率直な感想です。